おまとめローンの審査に落ちた場合はどうするの?

おまとめローンは複数借入を一本の借入にまとめてしまうローンです。毎月の返済額も減り、一ヶ所の借入額が大きくなるので金利も低くなるので複数借入をしている方の強い味方となってくれますが、当然借入額が大きくなるので審査も更に厳しくなります。そうなってくると審査の厳しい銀行では更に厳しくなり、審査に落ちてしまうことも多々あります。

 

そういった方はメガバンクや複数の銀行の保証会社も務めるアコムのおまとめローンならしっかり審査してくれますので審査の申込をしてみてください。

 

ただし、借入額が年収の1/3を超える場合は総量規制に抵触するので審査に落ちてしまいます。しかし、総量規制には除外というものがありその中の、

顧客に一方的有利となる借換え

つまりおまとめローンは除外の対象となるのでしっかりとおまとめローン目的で借りたいということをプロミスに伝えてくださいね。

 

おまとめローンは複数の借入を一本化することによって月々の返済額を減らすことができます。更に借入額が当然大きくなるので金利が低くなることが見込めます。

 

自身の与信に自信があるのなら低金利のおまとめローンが有利です。まとめるなら早ければ早いほど有利なのでしっかり審査のできる低金利の下記優良おまとめローンから選びましょう。

プロミス 【SMBCコンシューマーファイナンス】


プロミス

実質年率 年4.5%〜17.8% 借入限度額 最高500万円

 

スピード融資・スピード審査で有名なプロミスはおまとめローンの相談もアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれますし、同条件で融資可能なレディースローンでは女性オペレーターが相談に乗ってくれますで安心です。
パート・アルバイトでも定期的収入があれば申込可能なので相談してみるのもいいですね。

 

申込・審査時の会社への在籍確認が困るという方にもプロミスなら在籍会社のものと確認できる直近の給与明細・保険証などの提出で代替可能なのも嬉しい限りです。

 

もちろんスピード融資にも

  • 即日振込は平日14:00までにオンライン契約完了
  • 即日カード発行は当日中にオンライン契約完了で最寄の自動契約機で発行可能
  • (審査結果による)

で対応してくれます。初回30日無利息サービス(要ポイントサービス申込)も見逃せないサービスになっています。

 

アコム 【三菱UFJフィナンシャルグループ】

金利 年4.7%〜18.0% 借入限度額 最高500万円

 

知名度も抜群で安心感があるアコムはメガバンクを含む複数の銀行の保証会社をも務める審査のスペシャリスト。パート・アルバイトでも定期的収入があれば申込可能です。
金利も年4.7%〜18.0%と低金利で借入最高500万円とおまとめローンには申し分のないスペック。しっかりとおめとめローンで審査してもらうことによって借入が可能になる確率は高くなりますよ。
家族に心配掛けないように自宅への郵送物を止めてもらいたい方も申込時に掛かってくるオペレーターからの電話でその旨を伝えれば避けることもできますよ。

 

モビット
モビット

金利 年4.8%〜18.0% 借入限度額 最高500万円

 

モビットももちろんおまとめローン・借り換えローンとしても利用可能なフリーローンです。アルバイト・パートでも定期的収入があれば審査可能ですので申込後のオペレーターからの電話の際におまとめ・借り換え希望の旨を相談してみるのもいいですよ。

 

ネットで融資まで完結できる『WEB完結』で電話連絡なし・自宅郵送物なしで家族にバレずに申し込みすることもできるので重宝されています。金利も年4.8%〜18.0%ですがおまとめローン利用の金額では十分低金利なスペックで適しているということができるでしょう。

 

おまとめローン【東京スター銀行】

年率 5.8%〜14.8%  借入限度額 30万円〜1,000万円

 

 

オリックス銀行カードローン

年利 年3.0〜17.8%  最高限度額 800万円

 

ネット銀行のカードローンでオリックス銀行カードローンの売りである限度額が高い(最高800万円)というのも特徴とネットバンクならではの低金利でおまとめローン・借り換えローンとしての発行枚数も伸びています。

 

最大融資限度額が800万円、最低金利が3.0%と業界トップ水準でおまとめローンにも十分なスペックで限度額300万円以下なら収入証明書も不要で審査可能で、提携ATMもどんどん増えて現在セブン銀行、ローソン、Enet、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行にて終日手数料無料にて1,000円単位で借入可能、返済金額も7,000円〜とネット銀行には珍しく便利さを出しています。

 

じぶん銀行カードローン

年利 年3.9%〜17.5%  最高限度額 500万円

 

じぶん銀行はKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資したネット銀行です。借入も最大500万円までとおまとめローンに十分なスペックで金利も3.9%〜17.5%と低金利になっています。

 

借入上限額が100万円以下の場合は収入証明書も必要なしで借り換えると金利が低くなる可能性があり、月々の返済も3,000円からと小額になっています。

 

イオン銀行カードローンBIG

年利 3.8%〜13.8%  最高限度額 800万円

 

借入最高可能額が800万円なのでおまとめローンとしての利用も可能。従来どおりイオングループのメインターゲットである主婦も申込みやすいように、パート・アルバイトでも審査可能。もちろん専業主婦でも最高50万円の借入枠を設けて収入証明書なしで旦那に内緒で借りれるようになっています。

 

住信SBIネット銀行カードローン

年利 3.5〜10.0%  最高限度額 700万円

 

あまり告知されてはいませんが実は住信SBIネット銀行の低金利住宅ローンにお世話になっている方も多いのではないでしょうか?

 

住信SBIネット銀行カードローンも超低金利でおまとめローン・借り換えローンに適しています。個人の与信状況によってプレミアムコースとスタンダードコースの2つのコースで審査されますが、スタンダードコースでも年14.8%〜でプレミアムコースなら年4.0%〜10.0%の超低金利でおまとめ・借り換え可能な上に住信SBIネット銀行関連ローン利用状況によりさらに0.5%金利優遇されるサービスもあります。

 

おまとめローンの審査に落ちた場合は?

おまとめローンの審査に落ちた場合には、しっかり原因を考えて次の行動を起こさなくてはいけません。落ちてしまったからと言ってあちこちのおまとめローンに申し込んでも状況はひどくなるばかりです。

 

おまとめローンの審査に落ちてしまったらがっくり肩を落として諦めてしまう方も多いですが、しっかり考えれば対策は可能な場合が多いのです。

 

慌てあちこちに申し込むと逆に申込ブラックとなり、審査に通らなくなるようになってしまいます。

 

貸金業者は信用情報機関に属しており、その種類は複数あるもの、自社の情報をその信用情報機関に提供する代わりに信用状機関のデータベースから情報を引き出すことができます。

 

ですので他者で申込んで審査に落ちた情報は実は次に申込む金融機関にも筒抜けなので申込時の情報を、一度落ちてしまったからと言って細工してもばれるのでそういったことをしても審査が通るものも通らなくなってしまうので絶対にしてはいけません
編集部ではやはり審査実績のあるアコム・プロミス顧客に一歩的に有利な借り換えにて審査を申込むことが、おまとめローンの審査に通る秘訣だと考えています。

 

その時はやはりおまとめローンでの申し込みの旨をしっかりアコム・プロミスに伝え顧客に一歩的に有利な借り換えで審査してもらえるようにしなければなりません。


おまとめローンの相談にものってくれるプロミスでしっかり相談

おまとめローンのデメリット

おまとめローンを利用することで、毎月の返済を減らす事と返済に伴うストレスを軽減させる事が出来ます。ストレスを軽減できる事と毎月の返済が減らせるおまとめは大変便利というものですが、本当にこのおまとめローンはメリットだけの商品なのか。

 

おまとめローンにより実際救われ、計画的な返済につながった人も非常に多い事は確かです。

 

ですが、逆にこのおまとめを利用した事により、単に借り変えて借金を伸ばしたという事になりますので、根本的にはあまり変わらないのも事実でそれにより結果として破産してしまうというケースも又少なくありません。要するに借金は借金ですから、それをおまとめと言う商品で1本にしただけなので、債務はそのままの状態もしくはそれ以上に長くなり、金利分が又上積みされることにもなりますからその辺を十分に認識しおまとめローンは検討していかなくてはいけないという事なのです。

 

また、おまとめローン商品へ申込み審査が可決したという場合でも、実際に借りられる限度額がすべてのローンの総額に足りないという事も多分に考えられ、一部はまとめられたが、他ローンは残ったというケースもありますので、そうなっては多少のメリットにはなり得るかもしれませんが、やはり数件残るようなローン限度額なら融資が決定したとしても意味がなく債務が増えただけにすぎないという形になります。

 

つまり、おまとめローンは債務件数が多い場合それらを毎月払い続けるというよりは、「楽になれる」「ストレスが軽減」等と言う事は理解できますが、おまとめローンで重要な部分は「負債分を本当にすべて借りる事が出来るのか?」と言う部分となり、そうした部分を含めおまとめ商品は十分に検討し申込みをする事が非常に重要なのです。

 

勿論おまとめと言う事で金融業者も商品を提供していますから、個々の借入れ状況に合わせた融資が前提です。しかし、その商品には必ず審査があり、その審査により限度額も決定され当然審査の可否も決まりますから、申込者が思うような結果が出ない場合も考えられるという事。

 

そうした場合もきちんと計画性を持ち行動を起こせるかもおまとめ商品へ申込みを検討する以上考えておくべきことですし、必ずしも「完全なおまとめにならないということもある」と言う事を十分に肝に銘じおまとめ商品は申込みを検討しなくてはいけないのです。

 

おまとめローンは、計画的な利用なら当然メリットの多い商品ですが、実は各業者の審査により「完全なおまとめにならない事もある」ということがこの商品のデメリットでそもそもおまとめのデメリット部分でもあるのです。

おまとめローンの審査は総量規制後また変わって厳しくなったと言われています。総量規制後は対象外の銀行などがおまとめローンに力を入れている模様。

 

先日同僚に聞いた話では、楽天銀行に一旦断られた審査も再度電話が掛かってきていろいろ状況を聞かれたとか。銀行の一人勝ち状態、正確に言えば純銀行ではない銀行の一人勝ち状態ですがプロミスも相談にのったりして工夫しているようです。

 

しかし自分のお金と勘違いしてしまう傾向のあるお金を借りるということは非常に慎重にしなければならないことです。